昨日つらくてつらくて 明日はがんばれる気がする

どんな時だって1人じゃないから いつの日も君が輝いていられるように
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

早いもので
さて…
早くも明日で睦月折り返し地点です。

お正月、張り切っていろいろ目標立てたはいいけど、
果たしてどれほど達成されつつあるかといえば…
いまだに今月の目標を立ててないとゆう!笑
せっかくはっぴーだいありーかったのにー
でもねあれ、毎週『今週の目標』立てるのって結構難しいですヨ。
1ヶ月単位ならまだしも…1週間て、半端だから(・・;)

けどけど、いまのとこ日記まいにち書くのは続いてます。
でもそれだけです。笑
まぁいくら目標立てたからっていって
今までやってなかったこと習慣付けるのって時間かかるしなあ、なんて
のんびりしてたりするわけです。笑
ただ、それだけでよかったのに
なんとなく捨てられなかった、あの、ペットボトル。
もらったメール。
などなど。
ぜんぶ処分してしまった。

未練が残らないように。
この恋終わらせるために。
次のステップに進むために。

だけど、いつの間にかうつってた彼の癖はまだ抜けきらない。
しないように気をつけてるのに、ふとした拍子についやってしまう。

終止符を打ったとたん、鎮静してたはずのにきびが突然できてた。

大学の授業、やっぱり、未だについ目で追ってしまう。

ほんとうに
あなたに出会ってあたしの毎日は
キラキラと輝いてたんだなぁって
今になって改めて思う、今日この頃。

私の場合は片想いのまんまだったからちょっと違うかもしんないけど。
今の気持ちは、
『恋愛写真』の歌詞そのもの、かもしれない。

けど…
いくら 気まずくならないでね って言っても。
やっぱりどこかぎくしゃくしてしまうわけで。

彼が自分から私を遠ざけようとしてるのがひしひしと伝わってくるのだよね。

断られるのはほんと最初からわかってたし
それはちゃんと覚悟できてたからいいんだけど…
最も恐れていたのはこうして関係が崩れてしまうことであって。
それが怖かったからこそ半年も言えないままだったわけで。
恐れていたことが現実になったいま…切ないなあ…

やっぱり恋って
片想いしてるときがいちばん幸せで楽しいのかもしれないね。わからないけど。
まえは 特別好きでもないのに優しくしてくれるくらいなら いっそ
冷たくしてくれた方が楽なのに、 って思ってたけど…
実際そうなってみるとやっぱりつらい ゜・゜p´□`q゜・。

時間が解決してくれるのかな…
1月で試験がおわって
2月3月春休みで
ふたたび4月が巡ってきたら

顔を合わせたとき 何事もなかったように
自然に話せるようになってればいいのに
『篤姫』に考えること
働いても働いても満足に食べられない百姓を見てから
ご飯を食べなくなってしまった、幼少期のヒロイン。
武家に生まれたというだけで、何もしていない私がご飯を食べていいのはなぜでしょうか、という問いかけは、現代にも通ずるものがある気がした。

日本に生まれたというだけで
お腹いっぱい食べられる私たち。
飽食の時代と言われ、賞味期限を1時間過ぎると食べ物が捨てられる。
日本に生まれたというだけで
戦争もなく平和に暮らしている私たち。
悲惨な事件は絶えないけれど、何の心配もなく外を歩ける。
道のどこに地雷が埋まってるか判らないなんて不安は、全くない。

確かに生まれだけでこんなにも差が出来るのは、不条理だ。
だけど、いくら食べるのをやめたところで、何も解決しない。
「すべての人には役割があるのです。武家のおなごはいざという時に覚悟を決めなくてはならない。そのときに、空きっ腹を抱えて何ができましょうか。」
ヒロインの母親の言葉が、ヒントを与えてくれた。

日本に生まれたというだけでなにひとつ不自由なくぬくぬくと生活できている私たちだけど。
日本に生まれなければ出来ないことだってたくさんあるはずだ。

お腹いっぱい食べられる私たちがするべきことは、
みんなが幸せに暮らせる世界を作ること、なんじゃないかな。
山椒は小粒でも
わんぴ

ずっとワンピースが欲しくて。
でも丈が合うのがなかなかなくて。
昨日、やっと見つけました。ピッタリ私サイズ★
ふわふわのシフォンスカートも、色違いで2着も買ってしまった。
だって、サイズ合う服なんて本当に少ないんだもの。
着れるものがあったら買っとかないと。


私は生まれつき身体が小さい。
昔は、そのせいで見知らぬ他人にからかわれたりとか、辛い思いをした。
だけど、この身体で生まれて早19年と半年。
こればっかりは自分じゃどうにもならないこと、だし
ずーっとこの高さで生きてきたから。
今はこれが私のアイデンティティーのひとつだって思える。

高校は女子校で同じくらいの背の子も結構いたから何とも言われなかったけど、
大学になって共学になったら、しかも理系で男ばかりのところに入ったら、
やっぱり身長差が大きくなる分、小ささが目立つようになってしまったみたい。
仲間には毎日のようにネタにされるし…笑
ただ、よく「小さいとモテるでしょ」とか、「得だよね」って言われるけど。
そんなことはまったくない。
小さいだけでモテるんなら今頃こんなに苦労してませんてば。

得、っていうのは、「同じ仕事してても、小さい子がやってると一生懸命やってて健気に見える」とかってことらしい。
そして、見方によっては確かにそうなのかもしれない。
でも、だからと言ってそういったイメージに甘えたり頼りたくはないの。

多少、他の人と同じことが出来なくても許されてしまうからと言って手抜きなんかしたくない。
自分の力をいつも100%出し切って、出来る限りのことはしてるつもり。

それと同じで、いくら男女比9:1の学科だからと言って。
女の子であることを悪用したくはない。
先生がなにかと気にかけてくれるのは事実だけど、それに甘えて「女の子だし、別にいいよねv」って妥協はしたくない。
「女は得でいいよなぁ〜」なんて言わせない。

「小さいから」「女だから」という、ただそれだけで全てが何もかも許されるほど、
世の中は甘くない。