昨日つらくてつらくて 明日はがんばれる気がする

どんな時だって1人じゃないから いつの日も君が輝いていられるように
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 読書録 | main | 好評開催中? >>
結果論
長い年月を経て、ようやく決着がついたらしい。
こんな結末でよかったんだろうか。いや、よかったはずはない。
でも、もうこれ以上ひきずっていても仕方なかったんだろう。
人が本気出して怒るとどうなるのか。
しょせん人間なんて、自分の欲でしか生きてないんだってこと。
私はなんにもできず、見ていただけだけど、そういうことが見えた。

そう、やっぱり、誰しも結局自分が一番だいじなのだ。
たぶん、私とて例外ではない。
けど、自分を大事にすると同時に他人を思いやることだって、出来るはずなのだ。なのに、…なのに。

「自分は他人の考えてることが判る能力がある」なんて、嘘ばっかりだ。
そういうスイッチがあるなんて、ただの自惚れだ。
判った気になって優越感に浸ってるだけだ。結局なんにもわかっちゃいない。
たった一言の相談も報告も連絡もできない。
出し惜しみなのかなんなのか。

腹の探り合い。余計な気遣い。
機転を利かせてるつもりなんだろうけどかえって逆効果。空回り。
楽天的過ぎる。自分のやることは絶対成功すると思ってる。
なんで現実が見えないの?…いや、見ようとしないの?

フォローしてくれるだろうという予想に裏打ちされた行動。
今まで出してきた結果は、周りがお膳立てしてあげたからこそだという意識がまるでない。
これほど人の上に立つのに不向きな人間、いないんじゃないかとすら思える。
そのくせ外ヅラだけはいい。ものすごくいい。出来すぎてる。
パッと見ただけじゃ、なかなか見抜くことはできない。

*

想いはわかる。言ってることも納得できる。
だけど、そのための手段には常々疑問を感じる。
今までやってきたことのなかで充分出来ることなのに、なんでわざわざ新しく始めようとするのか。
要は、2人ともとりあえず新しいことがやりたいだけ。
そこまでしてやる意義がない。
、というか、その影響でこっちがどんだけ大変な思いしてると思う?

始める時だって、了承を得たわけじゃない。
「みんなを納得させなきゃだめだよ」って言われていたけど、納得させられた覚えはない。
結局自分も事後報告だったじゃないか。

どいつもこいつも自分が中心に立っていたいだけ。
周りより優位でいたいだけ。
そんなことのためにやっているモノじゃないんだけどな。

目的意識のない、ただの結果論。
スポンサーサイト
COMMENT